アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/第2話「新たな世界」あらすじ・解説・ネタバレ感想など

advertisement
アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)

第2話「新たな世界」あらすじ・解説・ネタバレ感想など

マディソンとゾーイはバスの事故のことで警察に疑われたが、フィオナの魔術によって事なきを得た。2人の儀式によって生き返ったカイルは暴力的で不安定な状態だが、そこに現れたミスティ・デイが傷を治すと約束する。

U-NEXT

長年音信不通だった、魔女団の最高位に君臨するフィオナがニューオーリンズに帰ってきたのは、不老不死の秘密を探るためだった。フィオナはナンの魔力を手がかりに、邸宅跡に生き埋めにされていたマダム・ラローリーを発見。一切年をとらずに200年近く生き続けてきたマダムがその秘密を知っていると思い、なぜ生きていられたのかを問い詰める。その頃、アカデミーの朝会中、前夜に大学生のパーティーに行っていたゾーイとマディソンに話がしたいと刑事がやってきて、2人は集団殺人の容疑をかけられる。


大昔に火で焼かれた「ミスティ・デイ」復活!!
この人も綺麗ですよね(゚д゚)
復活の魔術が使えます。
自分にも使えるなんてスゴイ。
最近肌のツヤが無くなったのよね~

フィオナさん帰ってきました。
早速、若手を引き連れて観光に出掛けますが、
現在観光名所になっている「マダム・ラローリーの館」へ寄り道します。
女の勘で「マダム・ラローリー」が埋められていることに気付くフィオナさん。
流石です!!
※本当は「ナン」の魔術ですが・・・

本当は私の魔術なのに・・・
その頃、子供が出来ない事に悩むコーデリアさん。
かなり辛そうです(;_;)
「マディソン&ゾーイ」コンビは・・・
バラバラになった「カイル」を生き返らせようと死体安置所へ向かいます。
なんせバラバラなんで・・・(´・_・`)
他の部位を繋ぎ合わせ最強!?のカイルを創造します。

フィオナさんは「マダム・ラローリー」を掘り起こしますが、
なななんとっ!!
「マダム・ラローリー」は一切年をとらずに200年近く地中で生き続けておりました。

あー苦しかった
200年はさすがに辛いねぇ~
おら、ビックリしたぞぉー
200年前に「マリー・ラボー」に薬を飲まされた「マダム・ラローリー」は、
不老不死となっていたのです(°_°)

「マリー・ラボー」は「究極の生命体」的なマスクを被せられた使用人の奥さん(彼氏?)でした。
不老不死で土の中ってキツイね(゚∀゚)
そんなこんなで「マダム・ラローリー」=「ミザリーの人」は魔女の館で使用人として働くことになりました。

究極の生命体
U-NEXT

紹介している作品は、2020年3月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。
・ビデオ見放題サービス1,990円を 31 日間無料
・600円分のU-NEXTポイントをプレゼント
上記特典を利用することで31日間無料でご視聴が可能です。
「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。
無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。