日本映画/ドラマ

累-かさね-/土屋太鳳・芳根京子の演技力に刮目せよ!!

さてさて、「累-かさね-」を映画館で鑑賞しましたので感想などを書いてみます。

【作品データー】
2018年 日本
土屋太鳳:丹沢ニナ
芳根京子:淵累
横山裕:烏合零太
檀れい:淵透世
浅野忠信:羽生田釿互

【ストーリー】※映画.comより引用
キスをすると顔が入れ替わる不思議な口紅に導かれた2人の少女を主人公に、
美醜をめぐる人間の業を描いた松浦だるまの同名コミックを、
土屋太鳳と芳根京子のダブル主演で実写映画化。
伝説の女優を母に持つ淵累は、天才的な演技力を持ちながら、
顔に大きな傷がある自身の容姿に強いコンプレックスを抱きながら生きてきた。
一方、舞台女優の丹沢ニナは美貌に恵まれながらも花開かず、
女優として大成することに異常な執念を募らせていた。
累の手元には、その口紅を塗ってキスをすると顔が入れ替わるという、
母が遺した1本の不思議な口紅があり、ある日、導かれるように出会った累とニナは、
互いの足りない部分を埋めたいという目的のため、口紅の力を使って入れ替わることを決断する。
ニナ役を土屋、累役を芳根がそれぞれ演じるほか、
横山裕、檀れい、浅野忠信らが出演。
監督は「キサラギ」「ストロベリーナイト」の佐藤祐市。

【感想】
予告を見て気になっていたので、
朝一回目の回を映画館で鑑賞しました。
原作は未読です。

面白かった(゚∀゚)
私は主演のお二人(土屋太鳳さん、芳根京子さん)の事は
よく知らなかったのですが・・・スミマセン(´・_・`)

土屋太鳳:丹沢ニナ※映画.comより

芳根京子:淵累※映画.comより

お二人がそれぞれの役を演じ分けるのですが、それが素晴らしい。
土屋太鳳さん
1 丹沢ニナ(本人・・・生意気なダイコン役者)
2 淵累(顔入れ替え後のオドオドした感じ)
3 淵累(劇中劇の舞台上)

芳根京子さん
1 淵累(本人・・・オドオドした感じ)
2 丹沢ニナ(顔入れ替え後の生意気な感じ)

とにかく演技が素晴らしく、
最初の舞台シーンのダイコン演技があってからのオーディション演技。
その豹変振りに感動して泣いてしまいました。
いや・・・マジで。

※映画.comより
「調子に乗ってんじゃないわよ!!ニセモノ風情が!!」
これはまだまだ中盤です。

浅野忠信さん演じる「羽生田マネージャー」がかなりいい味を出していて、
劇場で鑑賞しながらニヤニヤしてました。
羽生田マネは口紅の効力も知っている。
そして淵透世(伝説の大女優で累の母親)の元マネジャー。
部屋を写真で埋め尽くす程、透世に執着している。
そして衝撃の真実!!

突然話の時系列が飛ぶのですが、
そこからがこの話の真骨頂です。
予告で「あ~こんな話か」と思ってしまうかもしれませんが、
実は予告に無い中盤~後半のくだりが面白いです。

実は主題歌を担当している
Aimer(エメ)さんも大好きだったので、
劇場の大音量で聴けて良かったです♪

  • この記事を書いた人

Hiroshi

映画・音楽・ディズニーシー・グルメなどの日々の感想。

-日本映画/ドラマ
-

© 2020 Hiroshi ARCHIVES