海外映画/ドラマ

エージェント・オブ・シールド シーズン6/第2話 開いた扉(ネタバレ感想など)

エージェント・オブ・シールド シーズン6/第2話 開いた扉の感想などを書いてみます。完全にネタバレしてますので、未見の方、これから見ようと思っている方はご注意ください。


さて海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド シーズン6/第2話 開いた扉」の感想です。

宇宙船の中のフィッツ。


異星人のフリをして宇宙船の中で技術者として働いてましたが、地球人だとバレてしまいます。※隠れていた小峠も見付かってしまいます。

宇宙船の船長を倒し他の技術者を助け、積み荷の食材を売って燃料を手に入れようとしますが、船を乗っ取った罪で「指名手配」されてしまいました。
結果、取引先相手に脅されカジノのコイン1枚を手にします。


謎の男」が宝石店に強盗に入ります。
そこに駆け付けるシールド。


コールソン!?


はぁ!?何じゃい?知るかボケ~!!

惜しくも「謎の男」を捕り逃すメイ。
逃亡中の「謎の男
コールソン?聞き覚えが有るような無いような・・・なんだっけ?


「謎の男」が何となくコールソンと繋がりが有るような無いような感じでドキドキですね。
でも・・・
フィッツが無事で良かったです
\(^o^)/

  • この記事を書いた人

Hiroshi

映画・音楽・ディズニーシー・グルメなどの日々の感想。

-海外映画/ドラマ
-,

© 2020 Hiroshi ARCHIVES