海外映画/ドラマ

エージェント・オブ・シールド シーズン6/第3話 惑星キットソンの夜(ネタバレ感想など)

エージェント・オブ・シールド シーズン6/第3話 惑星キットソンの夜の感想などを書いてみます。完全にネタバレしてますので、未見の方、これから見ようと思っている方はご注意ください。

さて海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド シーズン6/第3話 惑星キットソンの夜」の感想です。

賞金稼ぎみたいな人がフィッツと小峠の写真を確認してます。
いきなりワープする賞金稼ぎ!!


フィッツと小峠が惑星キットソンに到着します。
その惑星はカジノとか風俗とか・・・新宿:歌舞伎町(龍が如く)な街でした。


ここで小峠が才能を発揮します!!
おれぁ確率計算とか得意だからゲーム系は楽勝なんだよ!!
やってやるよ!!
最初は順調に勝つ小峠・・・しかし、対人間との駆け引きは不得意でした。
なんて日だ!!


ちっ、ボケがっ
窮地に立たされた二人は個室の危険なゲームにチャレンジします。


惑星キットソンに辿り着いたジェマとデイジー。


幸運にもフィッツと小峠が居るカジノに立ち寄りますが、前段階で地球人が食べてはいけないお菓子を食していた二人。
なんか酔っぱらっちゃた~♪
あたすぅも~いい気分♪
女子会的な会話を繰り広げます。
あんた最初暗かったよね~♪」
あたしも最初あんた嫌いだった~♪」
このくだり結構長いです○| ̄|_


ゲームの途中でグルだとバレ、窮地に陥るフィッツと小峠。
なんとか部屋から脱出しますが、そこに居たのはジェマでした。


ジェマ!?
やっと再会したよ~と思いきや・・・
冒頭の賞金稼ぎが登場しフィッツを連れ去ってしまいます。


いや~やっと二人が再会したのに焦らしますね~
今回は女子会的な話が続くのでちょっと退屈でした。
○| ̄|_

  • この記事を書いた人

Hiroshi

映画・音楽・ディズニーシー・グルメなどの日々の感想。

-海外映画/ドラマ
-,

© 2020 Hiroshi ARCHIVES