LIVE/FES

amazarashi/Live Tour 2020 「ボイコット」追加公演 セトリ感想。このLIVEは総合芸術だ。

©Sony Music Labels Inc.

注意ポイント

この記事は2021年11月の記事です。

amazarashi/Live Tour 2020 「ボイコット」追加公演

日程

念願のamazarashi単独LIVEに参加!!

2021年11月16日(火)東京・LINE CUBE SHIBUYA 開場 18:00/ 開演 19:00
2021年11月17日(水)東京・LINE CUBE SHIBUYA 開場 18:00/ 開演 19:00

さてamazarashiです。
もう何でしょうねぇ。
コロナで延期になったり、中止になったりしたLive Tour 2020 「ボイコット」なのですが、
諦めていたところで2021年11月17日(水)東京・LINE CUBE SHIBUYAのチケットを取ることができました。

私とamazarashi

2019年 8月16日 Tokyo - Spotify On Stage in MIDNIGHT SONIC

関連記事
2019年8月16日(金) Tokyo - Spotify On Stage in MIDNIGHT SONIC/鑑賞アーティスト、セトリ、感想など

続きを見る

2019年12月29日 COUNTDOWN JAPAN

関連記事
2019年12月29日COUNTDOWN JAPAN/鑑賞アーティスト、セトリ、感想など

続きを見る

後輩に誘われてたまたまフェスで鑑賞。
その後、amazarashiの音と映像にハマってしまいCOUNT DOWN JAPANで鑑賞。
とにかく単独公演に行きたくて行きたくて、やっとチケット取れたと思ったら・・・
コロナで・・・

今回、念願叶って単独公演に参加です

LINE CUBE SHIBUYA

おいおい LINE CUBE SHIBUYAって・・・
この場所は BUCK-TICK go on the"RAZZLE DAZZLE" 以来です。
当時は渋谷C.C.Lemonホールでした。
とても綺麗なホールですね。

すっかり変わった渋谷駅で迷子になり、駅の外でも迷子にならないかドキドキしながら LINE CUBE SHIBUYA に辿り着きました。


なんかでかいコイツが居ました。
でけーなぁっッッ、おい!!

2021年11月17日(水)

開演前

18:45頃 自席へ。
一旦トイレに行って自席へ戻ると・・・
ちょうど私は私の〇〇ではないがスタートしました。
これも結構なボキャブラリーといいますか・・・かなり続きます。

セトリ

19:05頃 私は私の〇〇ではないからの流れでそのままLIVEスタートです。

  1. 拒否オロジー
  2. ヒガシズム
  3. 境界線
  4. 帰ってこいよ
  5. 真っ白な世界
  6. 少年少女
  7. 水槽
  8. 抒情死
  9. マスクチルドレン
  10. 馬鹿騒ぎはもう終わり
  11. 世界の解像度
  12. 独白
  13. ライフイズビューティフル
  14. そういう人になりたいぜ
  15. 未来になれなかったあの夜に
  16. 夕立旅立ち

感想

ニワカファンの感想ですのでご了承ください。

拒否オロジーからヒガシズム
アルバムの順番で、拒否オロジーから「とどめを刺して」だと思っていたのですが、いきなり聴いたことのない曲が・・・しかしカッコイイです汗
行くか戻るかなのなのなのなのな
実存 実存 実存

境界線
この曲はもちろん予習済みです。

amazarashi『境界線』@LIVE TOUR「ボイコット」

amazarashi『境界線』@LIVE TOUR「ボイコット」

真っ白な世界
雪の映像が素晴らしくて感動しました。
文字が雪の結晶みたいになるのも良かったですね。

少年少女
大量の文字がフワフワと落ちてくる映像。
ランダムに落ちてきていると思いきや、歌詞にリンクした文字の色が変化します。

amazarashi『少年少女』Lyric Video

amazarashi『少年少女』Lyric Video

へいぇ~のところは・・・ちょっとだけBUMPを連想してしまいました。

BUMP OF CHICKEN「supernova」


BUMP OF CHICKEN「supernova」

水槽から抒情死
水槽のラストあたりで激しく動き過ぎてちょっとコケたような気がしたのは気のせいでしょうか。
そこからギャンギャンギターの抒情死へ。
受諾と 拒絶!!拒絶!!拒絶!!
文字が大きくて大迫力!!

マスクチルドレン
・将来や夢は最低賃金で売り払った
・「そんなことはないよ」だって 誰も言ってくれるわけねぇ
この曲好きです。

世界の解像度独白
この繋がりも良かったですねー

未来になれなかった夕立旅立ち
「未来になれなかった」が始まるともう終わりかな~と寂しくなりましたが、その後の夕立旅立ちは爽やかでいいラストでした。

amazarashi 『未来になれなかったあの夜に』Music Video

amazarashi 『未来になれなかったあの夜に』Music Video

夕立旅立ちを聴くとBUMP OF CHICKENの車輪の唄を何となく思い出します。

BUMP OF CHICKEN『車輪の唄』

BUMP OF CHICKEN『車輪の唄』

ラスト

最後に鴉と白鳥が会場に流れました。
この日はまだ音源を聴いていなかったのですが素直にいい曲だと感じました。
あの曲良かった、あの演出良かったなどなど・・・噛みしめながら大音量で聴けて嬉しかったです。

帰宅後音源VERを聴きました。
あの曲良かった、あの演出良かったなどなど・・・想い出しながら聴けて嬉しかったです。

時計を見ると20:45ぐらい。
あっと言う間でしたね。

カード

すげーamazarashiって当日のセトリ配布するんだ!?
ちょっと驚きました。

全体感想

今回 amazarashi単独公演は初参加でしたが、やっぱりフェスで見るのと全然違いましたね。
音と映像と照明が一体となって観客に押し寄せてきます。
立ち上がって手拍子とかコブシを上げるとか、いつものLIVEと違うのでかなり新鮮でしたが、今回はフェスと違って椅子がありましたので着席してステージに全集中することができました。

次回もamazarashiさんのLIVEに参加できればいいなーと素直に思います。
しかし、いいもの見たなー笑

ちなみに ヒガシズム は自宅に帰ってちゃんと聴きましたよ笑

amazarashi/ボイコット 2020年3月発売 今回のツアータイトルアルバムです。

amazarashi/メッセージボトル ベスト盤なので入門編にどうぞ


2019年 8月16日 Tokyo - Spotify On Stage in MIDNIGHT SONIC

関連記事
2019年8月16日(金) Tokyo - Spotify On Stage in MIDNIGHT SONIC/鑑賞アーティスト、セトリ、感想など

続きを見る

2019年12月29日 COUNTDOWN JAPAN

関連記事
2019年12月29日COUNTDOWN JAPAN/鑑賞アーティスト、セトリ、感想など

続きを見る


音楽関連バナー

人気記事
【よく読まれている記事一覧】

よく読まれている記事

続きを見る

よく読まれている記事

【関連記事LIVE/FES】

amazarashi/Live Tour 2020 「ボイコット」追加公演 セトリ感想。このLIVEは総合芸術だ。

今回、念願叶って単独公演に参加です。音と映像と照明が一体となって観客に押し寄せてくる素晴らしいLIVE。

SawanoHiroyuki[nZk]/SawanoHiroyuki[nZk]LIVE 2021 セトリ感想など

何となく澤野弘之さんは寡黙でクールなイメージを持っている方もいるかと思いますが、実は気さくに話をされる楽しい人です。

NAMIMONOGATARI2021/2021年 炎上した音楽イベント「NAMIMONOGATARI」に今後のFESのあり方を問う

SUPERSONIC 2021がフェスの汚名を挽回し、年末のカウントダウンジャパンにバトンを繋げてくれればと思います!!

VIVA LA ROCK2021/5月4日 UVERworldセトリ感想など

今後のフェス開催を占う試金石となるフェス。フェスはいろいろな人が参加しますのでしょうがないですが、今後のフェスが無事に開催されることを願ってます。

VIVA LA ROCK2019/5月5日 さいたまスーパーアリーナ感想など

2021年 VIVA LA ROCK2021がさいたまスーパーアリーナで開催されますが、私は2021年5月4日に参加予定です。そこで過去のブログで書いていたVIVA LA ROCK2019 5月5日の感想をリライト・再構成してUPします。

【関連記事LIVE/FES】

-LIVE/FES
-, ,