海外映画/ドラマ

ザ・ボーイ~人形少年の館~/悪霊ものだと思いきや、途中からの路線変更が急角度!!

ザ・ボーイ~人形少年の館~

ザ・ボーイ~人形少年の館~を配信で鑑賞しましたので感想などを書いてみます。
完全にネタバレしてますので、未見の方、これから見ようと思っている方はご注意ください。
旧blog記事を修正し再UPしました。

作品紹介


劇場公開日 2016年7月17日

※画像映画.comより

「ウォーキング・デッド」シリーズのローレン・コーハン主演。よくある人形もののホラーだと高をくくっていると、いい意味で裏切られる。周到な伏線を見逃せない。
異国イギリスにやってきたグレタは、ある夫婦の旅行中に少年の世話をすることに。
しかし、紹介されたのは少年の大きさをした人形だった。
夫婦はグレタに10のルールを言い渡して出掛けて行くのだが、グレタは次第にルールを無視するようになる。

U-NEXTより

「ウォーキング・デッド」のローレン・コーハン繋がりで検索に引っ掛かりました。
現在は他のドラマで忙しく、一時的に「ウォーキング・デッド」から降板してます。

[ad]

あらすじ

過去と決別するためアメリカからイギリスにやって来たグレタ。
老夫婦と暮らす8歳の少年のベビーシッターを引き受けますが、人間サイズの人形だった。



オッス!!おいらブラームス!!よろしくなー!!
なっ・・・泣いてねぇょ・・・

※画像映画.comより



ブラームスを溺愛する老夫婦は、世話する際の「10のルール」を徹底して守るようグレタに言いつけ、旅行へと出かけます。

あとよろしく!!

※画像映画.comより



しかし、いきなりルールを破りまくるグレタ|ω・`)
靴が無くなったり、服が無くなったり、ブラームスが動いていたりします。

ホントは動けるんじゃないの?どうなのぉ?
うぅっ・・・

※画像映画.comより

怖くなったのでちゃんとブラームスの世話をするグレタ。
その頃、旅行に行った老夫婦が旅先で自殺してしまいます。
実はブラームスの世話に疲れ果て、グレタをブラームスに差し出していたのでした。
そんな方法で死ねる?めっちゃ難しいよ。
(火曜サスペンス的な・・・)

グレタの元カレが登場し「ブラームス」を粉々に破壊します。

壁から物音、電球が点滅・・・やべ~ポルターガイスト的な。
ここからか!!
ここから霊が出てきて一気にヤバいことになるのか(゚∀゚)

[ad]

急展開:ネタバレ



オラびっくりしたぞぉー

※画像映画.comより

エェ━━━━(゚д゚;)━━━━!!
壁の鏡をブチ割ってリアル:ブラームス(28歳?)登場。
20年ほど前、8歳で死んだ事になっていたブラームス。
実は生きておりました。

人形マスクともじゃもじゃヘアーと胸毛と筋骨隆々のチョーワイルド引き籠もり
急角度のオチを見た後に10のルールを読むと「なるほど」と思います。

人形は食事をしませんが、残したものは捨てないで専用の箱に保管します。
→ リアル:ブラームスがちょっと食べていた

音楽を大音量でかける
本を読み聞かせるときは大きな声ではっきりと
→ 基本屋敷の隠し部屋に引き籠ってるので

庭のネズミ捕りを掃除すること
→ リアル:ブラームスは壁内を移動するのでネズミが嫌いだと思う

リアル:ブラームスが登場したところで、映画が「13日の〇曜日」的な感じになります。
悪霊とか寂しがり屋の子供の霊とかじゃないのかよ。
物語の角度が急すぎる。

オヤスミのキスしてよ~と迫ってくるブラームスをぶっ刺して、
なんとか屋敷から脱出したグレタ。
最後に粉々のブラームス人形を誰かが修復しているシーンで終わり。
(よくここまで復元したな)

[ad]

一言感想・予告

上映時間もそう長くありませんし、サクッと観れる映画です。
しかも何気に面白い( ´∀` )

映画『ザ・ボーイ ~人形少年の館~』予告編
U-NEXT

紹介している作品は、2019年4月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。
・ビデオ見放題サービス1,990円を 31 日間無料
・600円分のU-NEXTポイントをプレゼント
上記特典を利用することで31日間無料でご視聴が可能です。
「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。
無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。

  • この記事を書いた人

Hiroshi

映画・音楽・ディズニーシー・グルメなどの日々の感想。

-海外映画/ドラマ
-

© 2020 Hiroshi ARCHIVES