アニメ

夏目友人帳(紹介)/大切な家族や友人との絆、そして妖怪たちと出会いや別れを繰り返す。

さて、皆さまは夏目友人帳をご存じでしょうか?
遅ればせながら2020年11月に全シーズンをほぼ一気見してしまいました。

タイトルとイメージ画像で妖怪退治的な話だと勝手に想像しており、特に興味も無かったのですが、たまたま職場の同僚から・・・

ニャンコ先生、チョーカワイイですよ!!


との・・・発言がありましたので、試しに鑑賞したところ・・・

夏目友人帳

(C)2020. アニメ壁紙.jp. All Rights Reserverd

第1期『夏目友人帳』
第2期『続 夏目友人帳』
第3期『夏目友人帳 参』
第4期『夏目友人帳 肆』
OVA『夏目友人帳 いつかゆきのひに』
第5期『夏目友人帳 伍』
第6期『夏目友人帳 陸』
劇場版『夏目友人帳 〜うつせみに結ぶ〜』

上記の順番で一気見!!

ざっくりキャラ紹介

夏目 貴志/別名「リヴァイ兵士長」

©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

夏目 貴志(なつめ たかし)
声 - 神谷浩史 、藤村歩(少年時代)

常人には見えない「妖」を見る能力を持っている少年。強大な妖力を持っていたと言われる「夏目レイコ」の孫。
世分高校1年でクラスは2組。アニメ版では途中で高校2年に進級している。
生まれてすぐに母親を、まだ小さいうちに父親(声 - 小西克幸)を亡くしている。父親のことは少し覚えているが、思い出すと辛くなるため、あえて忘れようとしていたら大切なことも忘れてしまった。両親を亡くして以来、妖が見えるゆえの奇行も一因となって親戚の間をたらい回しにされていたが、最近ようやく父方の遠縁の藤原夫妻のもとに落ち着いた。祖母・レイコの遺品である「友人帳」を手にして以来、そこに書かれている名を妖達に返すため、またそうした活躍により貴志とニャンコ先生の名声が高まるにつれて面倒事が舞い込む機会が増え、せわしない日々を送っている。
多くの妖を従えることさえ可能にする友人帳を持ちながらも、貴志自身は基本的に友人帳を名を返す時以外で使うことを良しとしていない。また、ともすれば危険なものであるという責任感以外にも、自分と通じるところがありながらも孤独であった祖母の唯一の形見として、友人帳を大事にしている。
当初は妖が見える能力を疎んじ、見えなくなることを願っていたが式すら見えなくなり廃業に追い込まれた祓い屋と関わったことや、一時的に視力が低下し「普通の人の普通の目」になった際に感じた不安からいつの日かニャンコ先生やヒノエたちが見えなくなることを恐れるようになる。
ニャンコ先生たちの出会いもあり昔と比較すれば精神的にはかなり安定している。とはいえニャンコ先生たちと出会う前に親交のあった人々からは今でも気味悪がられたり蔑視されるなど腫物扱いが続いている。夏目自身も昔の知り合い達のことは快く思っていないが、時としてニャンコ先生の制止を振り切り彼らと友好的な関係を築きなおそうとする。が、その度に過去の自分への差別や偏見を目の当たりに再び傷つくことを繰り返してしまっている。一方で時には和解できる稀有な出来事もあり、夏目自身の努力が実を結ぶ時もある。

Wikipedia

ニャンコ先生/ 斑(まだら)/別名「美味しんぼの山岡士郎」「ジョジョの奇妙な冒険のカーズ」

©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

ニャンコ先生(ニャンコせんせい) / 斑(まだら)
声 - 井上和彦、小林沙苗(女子高生姿への変身時。アニメ版でのクレジット表記では『女子高生ニャンコ先生』)

貴志の「自称」用心棒。ニャンコ先生時の身長・体重はドッジボール2個分。好物は饅頭などの甘味、エビ、イカ、酒。つまみの中では特にイカ焼きが好物で「イカ焼きいかーがー。イカ焼きウォンチュー」(3期10話)と歌っていたり「君の瞳にイカ焼き」(5期特別編2話)と言ったりしている。貴志の用心棒になって以降、あまりにも人間の食習慣に慣れすぎているせいで妖から心配されることもある。趣味は狩り。一人称は「私」。「招き猫」を依代に長い間封印されていたが、貴志が結界を切ったことにより解放された。レイコとは知り合いだったが、勝負は断り続けていたため、友人帳の中に名はない。貴志から「ニャンコ先生」、または「先生」と呼ばれる。アニメ版では言葉を発する時、「斑」の時と「ニャンコ先生」の時では声のトーンが大きく変わっている。しかし、斑をよく知る妖には声によって一瞬でニャンコ先生=斑であることを見破られている。

正体は、妖の間で名の知れた上級の強力な妖「斑」で、本来は巨大で白い獣の姿で飛行能力も持つ。しかし長年封印されていたため、体が依代の招き猫姿に慣れてしまい、普段は「招き猫のような猫」の姿をとっている。その容姿は他者によると「たぬきだるま」や「ブタネコ」、「デブネコ」、「ブサネコ」、「インチキ招き猫」、「大福ネコ」、「白豚ネコ」、「ネコだるま」、「砂袋のようなもの」など、基本的に散々な評価。夏目組・犬の会の面々は飲み仲間だが、貴志の用心棒の座を密かに狙われている。作中で招き猫姿を愛でているのはタキのみで、タキによると触り心地はいいらしく「つるふか」しているとのこと。この状態のときには常人でも視認できるため、藤原夫妻の許可の下、貴志の飼い猫として暮らしている。また、猫姿の時は本来の姿の時より発揮できる妖力が制限されるようだが、本来の姿に戻ることは常時可能。79話において本来いるはずのない勉強合宿に紛れ込んだため、この回限定で「うり坊バージョン」の別猫として登場した。

攻撃法としては大抵の場合は妖を「光」で撃退する。喰らうことも出来るがよほど悪質な存在でもない限りはやらない。神格クラスの妖と最強の祓い屋・的場静司を除いて遅れをとることはなく、劇中でほぼ最強の妖。祓い屋の使う呪符や結界程度では不快感を示す程度でほとんど影響がない。強力な結界も貼れるがそれでは名の返却を求める妖が入れないためわざと隙間を作っているがそのために貴志が小物に悪さをされることになっている。

人間に化ける能力も有しており、作中では貴志や同年代のレイコにそっくりな少女の姿に化けている。ただ内面までは真似られず、貴志に化けた際は要に一目で見破られた。

Wikipedia


斑(まだら)

©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

夏目 レイコ(なつめ レイコ)

©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

夏目 レイコ(なつめ レイコ)
声 - 小林沙苗

貴志の母方の祖母であり、故人。
一人称は「私」。「友人帳」の作成者。妖たちにも評判となるほど美しい娘で、その名前は妖や現在の祓い屋達の間でも広く知れ渡っている。なお、孫である貴志も彼女のことは「レイコさん」と呼ぶ。娘である貴志の母を産んだ後、若くして他界しているが、死因を含め一切の詳細が不明。孫である夏目もその死を伝え聞くのみである。未婚の母として貴志の母を産んだため「男にだらしなかった」など親戚からは言われている。
回想に登場している限りでの姿は、常にセーラー服とロングヘアーで、孫の夏目同様、髪色は灰色がかった色だが、アニメ版では茶色である。
過去の回想のみの登場であるため、本編での登場頻度は低めだが、各単行本の扉絵表紙には毎巻登場している。
友人帳の主な作成期間は彼女が高校生だった頃で、貴志が得られるレイコの記憶もその頃に限定されている。前述の人から嫌われ避けられていた情報以外に断片的にわかっているのは、年頃になっても素行は田舎のガキ大将同然でスカートのまま木登りをしたり野山を駆け回っていた。居候同然で門限は厳守だった。周囲の悪評を意に介さず彼女の素行を注意する男性と思しき人物がおり、レイコが興味を持っていたことなど。
【能力】
非常に強力な妖力を持っており、妖を見るだけでなく祓う力にも長けていた。しかし、そのせいで人とはうまく付き合うことができず、その憂さ晴らしのために出会った妖達に勝負を持ちかけてはイビリ負かし、子分にした証として名(真名)を奪い友人帳を作成した。このことについて貴志は、彼女は寂しさから妖怪たちが名を奪い返しにやって来るのを待っていたのだろうと推測している。ただ、この行為自体が祓い屋の間では最大の禁術に相当すると後に判明する。基礎のレベルだが符術なども扱っていた様子も伺えるが、彼女が誰からそうした技を習ったかは謎。

Wikipedia

祓い屋

名取 周一(なとり しゅういち)/別名【上弦の参】

©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

名取 周一(なとり しゅういち)
声 - 石田彰 、大浦冬華(少年時代)

11月12日生まれ。A型。身長175cm。特技は怪しいオーラ。
劇中、ドラマや映画で活躍する人気俳優で祓い屋。貴志の理解者であり、同じく妖を見ることができる数少ない人物。

体表に常人には見えない「ヤモリの形の痣」をした妖が住み着いていて、全身を動き回る。ただし、左足だけには決して移動せず、名取本人はこのことを特に気味悪がっている。健康に影響は出ていないが、逆にそれが怖いとのこと。その正体・理由などは不明であり、この妖のことを独学で調べているうちに、妖全般について学んでいった。もともと名取の家系は妖祓いを生業として的場同様の大家だったが能力者が出ずに廃業に追い込まれた。稼業にまつわる妖の報復を恐れていた両親は周一が能力者であったことを快く思っておらず、周一は家族との間に根深い確執を抱える。名取の名は祓い人の間では「廃業に追い込まれた無様な一族」として悪い意味で有名だったが、周一の実績がそれを跳ね返し、「さすがは名取」と言わしめた格好になっている。

Wikipedia

的場 静司(まとば せいじ)

©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

的場 静司(まとば せいじ)
声 - 諏訪部順一

11月1日生まれ。AB型。身長174cm。趣味は「式」用妖集め(?)。
作中最大の祓い屋集団「的場一門」の現当主。一人称は「私」。長い黒髪の男性で、番傘を差していることが多く、右目に文様の入った眼帯を着けている。眼帯は、かつて妖に『仕事を手伝ったら右目を喰わせる』と約束した的場の先祖がその約束を守らず、以来その妖から狙われている右目を守るためのもの。また、眼帯に覆われている部分には酷い傷があるらしいが、詳細は不明。ただし、高校生の頃には眼帯はつけておらず、傷らしきものも存在していない。周一の1つ年下。高校の制服は学ランだった。
的場一門とは祓い屋大家一一家を束ねる集団で前述の事情により能力者を輩出しなかった所属一門家を妖の報復から保護する目的で成立した互助組織。情報を共有し、協力して強力な妖と対峙する。祓い屋は原則として個々が個人事業主であるが、的場一門は会社組織のようなものであるため扱える仕事も多い。このため同業者からは良く思われていない。
御曹司だった高校生の頃から卓越した妖力を持ち、周一と競った三本角の妖怪退治で名を上げ実力を見せつけて的場一門当主となる。得意な武器は弓矢。呪符を付けた破魔矢であれば大妖でも一矢で消滅させる。ニャンコ先生と渡り合うほどの手強い術を使う。

Wikipedia

第一話 猫と友人帳

夏目貴志は幼少期に母、続いて父と死別し、父方の親戚をたらい回しにされてきた。普通の人には見えない妖怪が見え、妖怪によるトラブルに巻き込まれることも多かったことが災いし、「虚言癖のある薄気味悪い子供」と看做され、忌み嫌われてきた。葬儀の席で貴志の不遇を見かねた藤原滋は妻の塔子と相談し、貴志を引き取ることにする。子供の居なかった藤原夫妻は貴志を実子のように大切にする。貴志はようやく落ち着いた暮らしを送れるようになり、高校に北本や西村という友人が出来た。

ある日、貴志は妖怪たちに襲われ逃げ回る際に祠に封じられた妖怪斑(まだら)の封印を解いてしまう。貴志を見た斑は「夏目レイコじゃないか」と尋ねる。レイコは貴志の母方の祖母だった。藤原宅に戻った貴志はレイコの数少ない遺品の中から「友人帳」を見つける。友人帳は貴志と同様に妖が見え、天涯孤独だったレイコが妖怪たちと勝負し、負かした結果、奪った名を集めた契約書の束だった。やがて、友人帳は「多くの妖を従え、使役出来る宝物」として妖たちの間に噂として広まっていた。斑は貴志から友人帳を奪おうとするが、貴志は斑と「俺が死んだら友人帳はお前にやる」という約束をし、かわりに斑は貴志の用心棒となる。依り代である招き猫と強く結びついてしまった斑は普通の人間には「頭の大きな猫」に見えるためニャンコ先生と呼ばれるようになる。こうして、貴志とニャンコ先生は友人帳から名を取り戻そうとする者、友人帳を奪おうとする者、希有な存在である貴志を喰らおうとする者、夏目レイコの復活を知って訪ねてきた者、相談事を抱えてきた者など様々な妖怪たちと関わりを持つことになる。友人帳から名前を返すたびに貴志にはレイコの記憶が流れ込む。レイコと妖怪たちとの繋がりは力任せな主従関係といった単純なものではなく、人から避けられ、人を避けて生きたレイコとそんなレイコを見かねた妖怪たちとの想い出の数々でもあった。貴志はレイコとの唯一の繋がりであり、名を縛られた妖たちにとっては命も同然の友人帳を大切に扱うようになる。また、様々な出来事を通じて妖たちとの出会いと別れを繰り返し、彼らが抱えた事情や想いを知ってゆくのだった。

Wikipedia

感想

夏目 貴志は通常状態で普通に妖(妖怪)たちが見えてしまう能力(霊力)がありますので、貴志を狂言回しとしてニャンコ先生・その他が絡んでくる話です。
基本的にほっこりするお話が多いのですが、個人的にはやはり祓い屋が絡んでくる話が面白いと思いましたので、それぞれのシーズンで面白いと思った話を気が向いたら今後紹介して行こうと思います。

©緑川ゆき・白泉社/「夏目友人帳」製作委員会

「夏目友人帳 伍」ティザーPV

夏目友人帳/第1期「夏目友人帳」ねたばれ感想

全体的にほっこりした平和な話が続きますが、「第九話 あやかし祓い」では名取周一が登場します。

続きを見る

夏目友人帳/第2期「続 夏目友人帳」ねたばれ感想

アニメ第二期です。
夏目が呪術師の会に参加したりするなかなか重要なシーズンです。

続きを見る

注意ポイント

紹介している作品は、2020年11月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

U-NEXT


紹介している作品は、2020年11月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

U-NEXT

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

詳しくはコチラ


U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。
・ビデオ見放題サービス2,189円(税込)を 31 日間無料
・600円分のU-NEXTポイントをプレゼント
上記特典を利用することで31日間無料でご視聴が可能です。
「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。
無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。

アニメイト

アニメ

三浦建太郎さん死去/ベルセルク「未完の大作へ」

記憶が曖昧なのですが、私が友人に薦められて読み始めた時はコミック(3巻あたり)まで発売されており、月刊アニマルハウスが休刊となっていた時でした。ここで終わりか~と残念に思っていたところヤングアニマルで連載となり、かなり喜んだ気がします。

ReadMore

アニメ

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(13話)

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(13話)不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく細胞たちの過酷な労働環境を映す物語。

ReadMore

アニメ

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(12話)

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(12話)不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく細胞たちの過酷な労働環境を映す物語。

ReadMore

アニメ

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(11話)

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(11話)不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく細胞たちの過酷な労働環境を映す物語。

ReadMore

アニメ

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(10話)

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(10話)不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく細胞たちの過酷な労働環境を映す物語。

ReadMore

-アニメ
-

© 2021 Hiroshi ARCHIVES