アニメ

三浦建太郎さん死去/ベルセルク「未完の大作へ」

  1. HOME >
  2. 映画・ドラマ感想 >
  3. アニメ >

三浦建太郎さん死去/ベルセルク「未完の大作へ」

心よりご冥福をお祈りいたします

【三浦建太郎先生 ご逝去の報】
『ベルセルク』の作者である三浦建太郎先生が、2021年5月6日、急性大動脈解離のため、ご逝去されました。
三浦先生の画業に最大の敬意と感謝を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。
2021年5月20日 株式会社白泉社 ヤングアニマル編集部

ベルセルク公式ツイッター

ついに恐れていた事が。
ベルセルク作者の三浦建太郎さんが、ご逝去されました。

記憶が曖昧なのですが、私が友人に薦められて読み始めた時はコミック3巻あたりまで発売されており、月刊アニマルハウスが休刊となっていた時でした。
ここで終わりか~と残念に思っていたところヤングアニマルで連載となり、かなり喜んだ気がします。
基本単行本を購入してましたので、書店でヤングアニマルを立ち読みしたのは・・・
一度しかありません

ベルセルク

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

ざっくりあらすじ

黒い剣士(1 - 3巻)

身の丈を超える巨大な剣や大砲を仕込んだ義手など様々な武器を手に、ひとりゴッド・ハンドを探し出す旅を続ける「黒い剣士」ガッツ。行き掛かり上共に旅をすることになった妖精パックと共に、各地で人々を脅かしている使徒を追い、狂戦士のような戦いを繰り広げる。

いきなり鉄板みたいな剣を持った 右目と左腕の無い全身黒ずくめの主人公登場です。
とにかく勝つ(使途を殺す)ためなら何でもやるダークヒーロー。
平気で人質取ったりします。
指が折れて剣が握れない時は口で剣を振ります。

そして「五人のゴットハンド」が降臨。
ガッツがフェムト(ゴッドハンドの一人)に並々ならぬ憎悪を抱いており 立ち向かいますが、近づく事すら出来ません。

まだそんなところを這いずり回っているのか・・・

俺が血反吐の中を這いずり回ってるお陰で・・・
お前はそこで人間以上を気取ってられんだろうが!!
グリフィス!!

あぁ・・・そうだな。

この二人の間にはいったい何が!?

黄金時代(3 - 14巻)

かなり私のテンションも盛り上がっていたところで、いきなり長い黄金時代篇に突入します。

  • ガッツとグリフィスの関係
  • グリフィスがどうやってフェムトとなるのか
  • ガッツの右目と左腕

実は私はあまり黄金時代篇が好きではありませんので好きなシーンだけ書きます。

青年期 独りで傭兵として戦場に出ていたガッツ。
ある時グリフィス率いる鷹の団と遭遇します。

グリフィスにスカウトされますが入団を断るガッツ。
入団をかけて勝負する二人でしたが、ガッツはグリフィスに完敗し鷹の団に入団します。
勝つためならなんでもやる。お前は面白い、気に入ったよ。

鷹の団:切り込み隊長となったガッツはグリフィスの右腕となり幾多の戦場を駆け抜けて行きます。
さらに裏ではグリフィスからの密命により、要人の暗殺をしたりします。

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

ある時 グリフィスの野望(夢)と友についての考えを聴いてしまったガッツ。
鷹の団のメンバーは仲間ですが、私にとっての友とは私と対等で自分の夢を追いかける者です。
オレの夢は何だ・・・?
あいつの夢に溺れるわけにはいかない。

あいつと対等の立場でいるために。

鷹の団から抜ける決意をしたガッツをグリフィスが引き止めますが、グリフィスが負けてしまいます。
許さない・・・お前は俺のものだ。
じゃぁな。
一言を残して去っていくガッツ。

この決闘は鷹の団入団時とは真逆の結果となるので、短いですが緊迫感があってオモシロイです。

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

ガッツをただの部下ではなく、親友と感じていたグリフィス。
自暴自棄になったグリフィスはある罪を犯し捕らえられ 拷問を受けボロボロになります。

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社/BERSERK FILM PARTNERS

歩くことも剣を握ることも・・・話すこともできない・・・自殺も出来なくなったグリフィス。
自分を救出に来てくれた親友(ガッツ)に触れられた瞬間・・・絶望してしまいます!!
何故かグリフィスの手元には拷問官に奪われ無くしてしまったはずの真紅のベヘリットがありました。

・・・そして鷹の団は壊滅し、ガッツは右目と左腕を無くしてしまいます。

その他にもゾッドの件とか平民出身のグリフィスが銀河英雄伝説のラインハルトみたいに戦略・戦術を駆使して出世していくとことか、ベヘリットの件とかは好きですが。
感覚的にはスターウォーズ:エピソード1~3みたいな感じですかね。
決まっている結果にどうやって辿り着くのか。

断罪篇(14 - 21巻)

ここから黒い剣士篇に戻ります。
ついに黄金時代篇が終了しダークヒーローと化したガッツの再登場です。
この時はやっとここに戻ってきたかって感じでした。

ロスト・チルドレンの章」は面白いです。
最初はちょっと甘ちゃんな部分があるガッツ。
トドメを躊躇し数回ピンチに陥りますが、どんどんギアが上がって行き 非情になって行きます。

ここから縛鎖の章生誕祭の章と物語は続いて行きますが、私が面白いと思っていたのはこのあたりまでですかね。
特に雪の中でのゾッドVSガッツは最高でしたが・・・その後の狂戦士の甲冑あたりからちょっとな~って感じでした。

やはり独りの人間として人ならざる者と孤軍奮闘するガッツが好きでしたので、旅の仲間(パーティ)を組むのはちょっとイヤでした。
※妖精のパックはOKです

その後、下記のように続いて行きますが・・・ベルセルクのコミックが発売になることがネットニュースになる程、連載ペースが落ちて行きます。

  • 聖魔戦記の章
  • 鷹都(ファルコニア)の章
  • 妖精島の章

私もこの頃は自分が面白そうだな~と思ったところだけ気が向いたら買ってる感じでしたが、残念ながら未完となってしまいました。

感想

以前 友人とベルセルクって本当に完結するのかね~と冗談で話していた事を思い出します。
ガッツもベヘリットを持ってますので、最終的にはガッツが使途に転生(髑髏の騎士のように)してグリフィスと戦うのかと思ってましたが。

ちなみに一度だけヤングアニマルを書店で立ち読みしたことがありますが、
その時の話はなんと「第83話 深淵の神・2」でした。
後日単行本を購入した際、欠番になっていたので驚きましたが。

今後可能であれば欲望の守護天使ロスト・チルドレンをアニメ化して欲しいなぁーと思います。
欲望の守護天使はかなり初期の頃の話ですが、重要エピソードだと思うのでぜひ!!

基本アニメ化されるのが黄金時代篇からなので上記エピソードは割愛されてます。
まぁ黄金時代篇が一番アニメに向いてる気がしますし、万人受けしそうなので。

最後に・・・三浦建太郎先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

PVなど


『ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵』予告編映像


映画『ベルセルク 黄金時代篇II ドルドレイ攻略』予告編映像


映画『ベルセルク 黄金時代篇III 降臨』予告編


アニメ「ベルセルク」公式ティザーPV / Berserk Animation Official Teaser PV


TVアニメ「ベルセルク第2期」公式PV / Berserk Animation Official PV

【コミック】

【TVアニメ2016】

【劇場版】

amazon

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はサイトにてご確認ください。


U-NEXT

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

詳しくはコチラ


U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。
・ビデオ見放題サービス2,189円(税込)を 31 日間無料
・600円分のU-NEXTポイントをプレゼント
上記特典を利用することで31日間無料でご視聴が可能です。
「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。
無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。



【関連記事/アニメ】

三浦建太郎さん死去/ベルセルク「未完の大作へ」

記憶が曖昧なのですが、私が友人に薦められて読み始めた時はコミック(3巻あたり)まで発売されており、月刊アニマルハウスが休刊となっていた時でした。ここで終わりか~と残念に思っていたところヤングアニマルで連載となり、かなり喜んだ気がします。

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(13話)

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(13話)不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく細胞たちの過酷な労働環境を映す物語。

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(12話)

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(12話)不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく細胞たちの過酷な労働環境を映す物語。

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(11話)

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(11話)不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく細胞たちの過酷な労働環境を映す物語。

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(10話)

はたらく細胞ブラック/アニメ感想(10話)不摂生やストレスにより、体内環境がBLACK化してしまった身体ではたらく細胞たちの過酷な労働環境を映す物語。

-アニメ
-,

© 2021 Hiroshi ARCHIVES