アニメ

はたらく細胞!! /映画版(ねたばれ・感想)

さて、「はたらく細胞!! /映画版」の感想です。
コロナ禍の中、我慢できずに劇場で鑑賞してきました。

完全にねたばれしてますのでご注意下さい!!

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction


はたらく細胞!! 最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!

INTORODUCTION

細胞擬人化アニメーション
体内激震のスペクタクル大“腸”編、開幕!

月刊少年シリウス(講談社)にて連載中の『はたらく細胞』は、
人間の体内を舞台とした清水茜の漫画作品。
2015年の連載開始より、その魅力あふれる世界観とキャラクターが人気を博し、
2018年にはTVアニメ『はたらく細胞』(アニメーション制作:david production)がオンエアスタート。
誰もが共感できる細胞擬人化アニメーションとして、国内だけでなく、
全世界において大きな話題となった。

今作は原作コミックス第5巻に描かれているエピソードを、
テレビシリーズのオンエアに先駆けて公開する先行上映版。
胃、小腸、大腸といった消化器官を舞台に、細胞たちの壮大な物語が描かれる。

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

STORY

そこは人間の体の中――。
たくさんの細胞たちがはたらいている世界。

ある時、白血球(好中球)と赤血球は、迷子の乳酸菌を保護した一般細胞と出会う。
乳酸菌を仲間のもとに送り届けるため、白血球(好中球)と一般細胞は腸へと向かうことに。
だが、そこに待ち受けていたものは、望まざる最強の敵との再会だった。

「僕とキミたちのどちらが正義か、はっきりさせよう」

再び現れたがん細胞。そして悪玉菌により荒らされる腸内環境。
体内はかつてない大ピンチに!?

「やめるんだ、がん細胞──!」

この世界を守るため、白血球(好中球)たちは世界の命運をかけた大血戦に挑む!

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

ざっくりあらすじ

乳酸菌との出会い

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

いつものナレーションと共にいつものごとく白血球さんが赤血球さんを助けるところから始まります。
それを見ながら「オレは何もできないな~」と落ち込んでいたモブ細胞が川で溺れている乳酸菌(4匹)を助けてしまいます。
※乳酸菌とは知らず可愛さに負け、止むに止まれず助けます

白血球さんが乳酸菌(4匹)を処分しようとしますが、同じタイミングでピロリ菌が出現し乳酸菌を持ったまま対処に向かいます。
それを追いかけるモブ細胞。

ピロリ菌に苦戦する白血球さんでしたが、一匹の乳酸菌の活躍でピロリ菌の対処に成功します。

乳酸菌を訪ねて三千里

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

正体不明のカワイイ菌の正体を乳酸菌と認識したみんな。
白血球「これから体内のパトロールに行くが一緒にくるか?
モブ細胞「行きます!!」

白血球さんとモブ細胞は乳酸菌を連れて体内を巡ります。
胃→小腸→大腸

それぞれの場所で乳酸菌たちは能力を発揮し、本来居るべき場所へ帰って行きます。






がん細胞復活

不穏な空気

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

モブ細胞と体内を巡る白血球さんでしたが、何かを探しているNK細胞と遭遇します。
相変わらず呑気なのね

さらにキラーT細胞改め、メモリーT細胞とも再会します。

てめぇ、また細胞連中と馴れ合いやがって!!

がん細胞(渚カヲル

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

がん細胞復活の件を聞いた白血球さん。
モブ細胞と別れがん細胞討伐の任につきます。

「ねぇ白血球さん。
君は殺したくないのに他のみんなを殺さないといけないんだよね。
そんな思い通りにならない生き方を送るなら、僕はこの体を殺してしまってもいいと思うんだよ。」

ニコニコ静画

制御性T細胞を味方につけた渚カヲルは無敵状態です。
はたして体内でのサードインパクトが起こってしまうのか!!


拘束された白血球さんは!?
承太郎(メモリーT細胞)のスタープラチナは!?

結末

スタープラチナ・ザ・ワールド発動!!

絶体絶命のピンチに陥る白血球、NK細胞、承太郎。
承太郎のオラオララッシュも通じません。

しかし、この承太郎は第三部の承太郎(キラーT細胞)ではなく、第四部の承太郎(メモリーT細胞)だったのでした。
スタープラチナ・ザ・ワールド発動!!
※嘘です。本当は伝説のパンチを放ちます。

がん細胞の最後

伝説のパンチにより劣勢に追い込まれる呆然としている渚カヲル
後方から白血球さんにとどめを刺されます。

今回はスーパークールにとどめを刺す白血球さん。
かなりカッコイイです。
そんな・・・悲しい顔しないで・・・また逢えるよ・・・シンジくん・・・(嘘です)

乳酸菌たち

その頃、体内環境が悪くなっていた大腸ではモブ細胞と乳酸菌が奮闘しておりました。
そこに赤血球と血小板たちがまきこまれてワチャワチャしますが、乳酸菌の活躍で解決。
※この戦闘は白血球たちの戦闘とリンクします。
渚カヲルのパワーアップ(腸内環境が悪くなったせい)、パワーダウン(腸内環境が良くなったせい)





感想

結構がっつりやってくれたな~と思います。
自分の体を大切にしようと考えさせられるアニメ。

最初は乳酸菌の可愛さ押しで最後までいくのかとドキドキしましたが、渚カヲルが出てきたところで一気に緊迫感が増します。
承太郎(メモリーT細胞)のオラオララッシュ的な映像もありますし( ´∀` )
渚カヲルは言ってることもやってることもほぼそのまま。

いや~面白かった・・・
シン・エヴァンゲリオン劇場版!!


私の関連記事はこちら↓

予告関連

『「はたらく細胞!!」最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!』本予告
TVアニメ第2期「はたらく細胞!!」2021年1月放送開始! / 第1弾PV
「はたらく細胞BLACK」第1弾PV│2021年1月放送開始

公開記念来場者特典

来場者特典として「はたらく細胞 第4.9巻」をもらいました。
映画版のプロローグ漫画も面白いですし、インタビューもいいですよ。

特別小冊子『はたらく細胞 第4.9巻』
配布期間:9月5日(土)~
※お一人様1回のご鑑賞に対して1点のプレゼントとなります。
※来場者特典は数量限定の為、なくなり次第終了となります。

内容
■描きおろし特別編
『はたらく細胞!!』最強の敵、再び。体の中は“腸”大騒ぎ!~プロローグ~
原作者・清水茜描き下ろし漫画19.5話
■監督・小倉宏文 インタビュー
■赤血球役・花澤香菜×白血球(好中球)役・前野智昭 対談

©清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

U-NEXT


紹介している作品は、2020年9月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。


詳しくはコチラ


U-NEXT の「31 日間無料トライアル登録」の特典として、下記を付与しております。
・ビデオ見放題サービス1,990円を 31 日間無料
・600円分のU-NEXTポイントをプレゼント
上記特典を利用することで31日間無料でご視聴が可能です。
「ポイント作品・レンタル作品」は、U-NEXT ポイントを使って視聴できる作品となり、1ポイント1円(税込)相当として利用可能です。
無料トライアル期間中もポイントの不足分は有料となりますので、ご注意ください。
  • この記事を書いた人

Hiroshi

映画・音楽・ディズニーシー・グルメなどの日々の感想。

-アニメ
-,

© 2020 Hiroshi ARCHIVES