アニメ

攻殻機動隊 SAC_2045/久しぶりだな少佐(ネタバレ・感想など)

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

さて、攻殻機動隊 SAC_2045です。
実はとても大好きな漫画で大学生の頃に原作コミックを購入して熟読しておりました。

2020年に新作が配信となりましたので、急ぎNetflixを契約したのですが・・・
あまりにも好きすぎて鑑賞を躊躇しておりました。
(見始めたらほぼ一気見です!!)

攻殻機動隊 SAC_2045

STORY

持続可能な戦争サスティナブル・ウォーがもたらすたな支配種“ポスト・ヒューマン”
再び組織される草薙素子率いる公安9課、通称“攻殻機動隊”

2045年。全ての国家を震撼させる経済災害「全世界同時デフォルト」の発生と、AIの爆発的な進化により、世界は計画的且つ持続可能な戦争“サスティナブル・ウォー”へと突入した。だが人々が、AIによる人類滅亡への危機を日常レベルで実感できるまでには衰退の進んでいない近未来――。

内戦・紛争を渡り歩き、廃墟が横たわるアメリカ大陸西海岸において、傭兵部隊として腕を奮っている全身義体のサイボーグ・草薙素子とバトーたち元・公安9課のメンバー。電脳犯罪やテロに対する攻性の組織に所属し、卓越した電脳・戦闘スキルを誇っていた彼女らにとって、この時代はまさにこの世の春である。そんな草薙率いる部隊の前に、“ポスト・ヒューマン”と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ存在が突如として現れる。彼らは如何にして生まれ、その目的とは。大国間の謀略渦巻くなか、いま再び“攻殻機動隊”が組織される――。

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

STAFF & CAST

監督     | 神山健治 × 荒牧伸志
シリーズ構成 | 神山健治


草薙素子   | 田中敦子
荒巻大輔   | 阪 脩
バトー    | 大塚明夫
トグサ    | 山寺宏一
イシカワ   | 仲野 裕
サイトー   | 大川 透
パズ     | 小野塚貴志
ボーマ    | 山口太郎
タチコマ   | 玉川砂記子
江崎プリン  | 潘めぐみ(新キャラ)
スタンダード | 津田健次郎(新キャラ)

SACシリーズなので声優さん達は過去シリーズと同じです。
最初はCGに違和感がありましたが、声を聴いてる内にその違和感も消え、ストーリーに飲み込まれて行きました。
攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETYの舞台が2034年ですので、それから10年程タイムジャンプしています。
攻殻機動隊については書きたいことは多々あるのですが、今回は単純に攻殻機動隊 SAC_2045の感想のみ書こうと思います。

元公安9課

草薙素子他

草薙素子率いる元公安9課のメンバー(トグサ以外)は傭兵部隊「ゴースト」を組織し、アメリカ・西海岸で内戦を未然に防ぐ為、民間傭兵会社から委託を受けレジスタンス達の掃討作戦を遂行していた。

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

最初CGの草薙素子を見た時にかなりの違和感がありましたが、
田中敦子さんの「ノイズが無いって素晴らしいわ~」のセリフで違和感も吹っ飛びました!!
やっぱり声って大事ですね。
そこからは各メンバー(新キャラ:スタンダード含む)の紹介を兼ねた、ちょっとした見せ場があります。
タチコマの玉川砂記子さんも久々で良かったですね~。

トグサ

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

その頃、一人日本に残っていたトグサは奥さんと離婚し民間警備会社で働いてました。
少佐に声を掛けられなかったことに多少の不満がある様子ですが、頑張って仕事してます。
トグサの離婚はショックですね。娘さんもあんなに大きくなっていたなんて( ノД`)
奥さん・・・半沢直樹の上戸彩みたいなポジションだったのに。

ミサイルを阻止しろ!!

ビバリーヒルズでのミッションを遂行しているゴースト(少佐たち)。
今回のミッションはレジスタンスが壁で囲まれた豪邸をミサイルで狙っているので、それを阻止することです。

意外にレジスタンス側の装備が充実しており、ミッションに失敗してしまうゴースト。
豪邸にミサイルは撃ち込まれ、タチコマ1台は大破してしまいます。

そのまま謎の部隊に連れ去られるゴーストメンバー。
(タチコマ2台は置き去りです)

このミッションの描写は最初のちょっとした見せ場とは違ってかなり熱くなります。

少佐たちを連れ去った謎の男はジョン・スミスと名乗り、ゴーストに仕事を依頼してきます。
依頼内容は「ミサイルが撃ち込まれた豪邸に侵入し要人を救出すること

公安9課復活(再編)の依頼

そんなトグサに荒巻から連絡入ります。
「なんか~総理が急に緊急対応部隊が欲しいって言ってんだけど~少佐どこにいるか知らない?」
えぇぇー!?知らないっすけど探してみます!!

単身ゴーストの調査に乗り出すトグサ。
NETに侵入しゴーストの手掛かりを掴みますが、ピンチに陥ります。
逃げた方がいいよ~」謎の声が聴こえ、ピンチを脱するトグサ。
この声の主はおそらく少佐だと思いますが、どうなんでしょう?
もしくは江崎プリン!?

タチコマとの再会

危険な橋を渡りビバリーヒルズでの戦闘が怪しいと考えたトグサは荒巻に許可を取り、単身ビバリーヒルズへ向かいます。
戦闘の痕跡を調査していたトグサはタチコマ(元気な2台、大破した1台)と再会し、少佐たちが連れ去られたことを知ります。

要人救出任務

任務開始

要人救出任務を開始するゴーストでしたが、後方から別動隊に監視されていることに気付きます。
そのまま任務を遂行するか別働隊を突破して逃走するか。

とりあえず要人を救出し、それを持って交渉しよう
タチコマとは位置情報を共有すること

豪邸潜入

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

なんとか豪邸に潜入したゴーストチームでしたが、
そこに居たのは・・・

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

ポスト・ヒューマン」と呼ばれる驚異的な知能と身体能力を持つ特異な存在でした。
すっとぼけた顔してますがめちゃくちゃ強いです。

戦闘能力は少佐と互角いや少佐以上。マシンガンで撃たれても華麗なステップでかわします。
どうも撃たれる前に着弾点を予測してかわしているようです。

二人掛(少佐、バトー)でなんとか対抗しますが、アームスーツまで出してきたポストヒューマンに劣勢に追い込まれます。

トグサ合流、そして・・・

絶体絶命のピンチに陥るゴーストチーム。
そこにタチコマ3台とトグサが間一髪駆け付けます。

タチコマたちの活躍もあり、なんとかポストヒューマンを沈黙させたゴーストチームでしたが、ジョン・スミスの部隊に包囲されてしまいます。
ジョン・スミスは作戦が成功しようが失敗しようが素子たちを抹殺するつもりでした。

そこに荒巻課長登場!!
久しぶりだな、少佐

ポスト・ヒューマン

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

荒巻の登場によりなんとか助かった少佐たち。
ポスト・ヒューマンの元に案内されます。

ポスト・ヒューマン

電脳化を施した人間に、重度な精神的ストレス、身体的ストレスが加わった結果、脳と電脳、肉体の能力が飛躍的に向上し、驚異的な知能と身体能力を持つ人間となった。電脳化されていない人間、電脳化された人間の次に来る進化を得た者として、「ポスト」ヒューマンと呼ぶ。
しかし、世界中に数人しかおらず、数百人単位で電脳化された人間やガードロボットを操ることも可能。もっぱら従来の治安部隊では解決不可能な犯罪を引き起こしている。

Wikipedia

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

荒巻と共に総理と謁見した少佐たち。
正式に公安9課再編となります。

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

新キャラ:江崎プリン(バトーさん大好きメガネ女子)
最初はなんじゃこいつと思いますが、だんだん見慣れてきます。

バトーさんの面白エピソード:PIE IN THE SKY / はじめての銀行強盗
→ この話は非常に面白いエピソードです
トグサ大活躍エピソード:ASSEMBLE / トグサの死によってもたらされる事象
→ タイトルには驚かされましたが、死ぬわけないじゃーん的な話です。
この話で以前少佐に声を掛けられた時に躊躇してしまい、ゴーストに参加しなかったことを後悔している描写があります。

さすが大塚明夫さんと山寺宏一さんです。

上記2話を挟んでからの・・・

公安9課本格始動

日本に数名存在しているポスト・ヒューマンの捜査に乗り出す9課。

ポストヒューマン①

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

やさぐれボクサー
趣味:不当に利益を得ている人間に鉄拳制裁を下す。

ポストヒューマン②

©士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊2045製作委員会

シマムラタカシ:リアル厨二病の14歳
趣味:炎上した人間に制裁を下すシンクポルの開発者。
脳内妹を連れている


第10話:NET PEOPLE / 炎上に至る理由はかなり面白かったです。
空港にいるサラリーマンが「空港なう」的な投稿をした途端、のっぺらぼうの集団にリンチされます。
SNS炎上を実際の人間で表現した話です。

ある発言により炎上してしまった総理。
大勢ののっぺらぼうに襲われますが少佐が阻止します。

そして、シマムラタカシを捜査していたトグサの失踪。
・・・続く

感想

いやいや、ここで続くって!!
トグサ気になるじゃん!!

最初はCGに違和感ありありでしたが、やはり声の力って大きいですね。
派手な銃撃戦とぬるぬる動く格闘戦。
相変わらずチートな少佐ですが、たまに苦戦するところが良いです。
江崎プリンには特に興味はありませんが、ツンデレのバトーさんを微笑しながら見ている草薙素子も良いですね。

さて、当然のようにシーズン2に続くことになりました攻殻機動隊 SAC_2045
賛否両論いろいろありますが、それなりに面白かったです。

シーズン2はいつになることやら(・_・;)


『攻殻機動隊 SAC_2045』最終予告編 - Netflix



millennium parade - Fly with me


-アニメ
-

© 2020 Hiroshi ARCHIVES