海外映画/ドラマ

アメリカン・ホラー・ストーリーズ 第3話 ドライブイン・シアター ネタバレ感想など

© 2020 FX Productions, LLC. All rights reserved.

アメリカン・ホラー・ストーリーズ

注意ポイント

ネタバレしてますので未鑑賞の方はご注意下さい。

注意ポイント

紹介している作品は、2021年12月時点の情報です。
スピンオフがディズニープラスのスターにて独占配信。

この話・・・ディズニープラスで配信していいのか!?

ざっくり紹介

第3話 ドライブイン・シアター

高校生カップルのチャド(レンジー・フェリズ)とケリー(マディソン・ベイリー)。
付き合って6ヶ月、なかなか最後まで許してくれないケリーにチャドは悶々とした日々を送っていました。

友人たちのアドバイス・・・
やっぱりムードが大事だよ!!
やっぱり ホラー映画 だよ!!

ラビット・ラビット

伝説のカルト映画。
ラビット・ラビットがリバイバル上映される噂を聴いたチャド。

ラビット・ラビットとは・・・
1986年に上映され鑑賞したお客さんが殺し合いを始めてしまい上映禁止。
フィルムは焼かれ監督は逮捕・服役しまいました。
しかし、フィルムは他にも存在していたようで今回ドライブイン・シアターで再上映されるようです。

ドライブイン・シアター

車1:チャドケリー
車2:チャド友人ケリー友人(女装男子)
車3:チャド友人(彼女なし)

上記チーム分けでドライブイン・シアターに参加したチャドたち一行。

シアター入口ではアイパッチをした謎の女性が「この映画は呪われてるー」的なことを叫んでいます。
どうも1986年上映時の犠牲者のようです。
私の目を潰したのは一緒に映画を見ていた旦那なのよー

いい演出だね笑
まったく相手にしていないチャドたち。

その頃、上映室には謎の男がフィルムを届けに来ていました。
このフィルムは映写機の明るさをどうのこうのと細かく指示を出している謎の男

上映スタート

映画が始まります。
しかし、チャドケリー は映画そっちのけで車内でむふふ
チャド友人ケリー友人(女装男子)は映画をチラ見しながらむふふ
チャド友人(彼女なし)は一人で映画を見ています。

横に駐車してある車の異変に気付いたチャド。
いきなり正気を失った男性が車から降りてきます。
しかも、シアター内から銃声と悲鳴が!!
その頃、映画をチラ見していたケリー友人(女装男子) はチャド友人の※※※を喰いちぎってました。

チョー痛そう!!

アイパッチをした謎の女性は上映を止めようと映写室に侵入しますが、正気を失った映写技師に殺されてしまいます。

映写室へ避難

もちろん正気を失っているチャド友人(彼女なし)を刺し殺してしまったチャドとケリー。
なんとか映写技師を倒します。
チャドとケリーはフィルムがコピーである事に気付き、オリジナル版を抹消するため行動することにします。

急に正義に目覚める二人

監督宅へ

フィルムケースの配達シールから住所を突き止めた二人は謎の男のトレーラーハウスへあっさり到着。

わきが甘いぞ!!謎の男

謎の男はラビット・ラビットの監督でした。
ラビット・ラビットは映像・サブリミナル・BGM・効果音の全てを駆使した、人の正気を失わせる効果を持つ映画だー!!
高らかに自分の映画を誇る監督。

監督の足をショットガンで粉砕し、オリジナル版フィルムを燃やす二人。
まだ終わってない!!なぜ俺がロールスロイスを手に入れたか考えてみろー!!
確かにトレーラーハウスの横にはこの場所に不釣合いなロールスが止まっています。

二人が立ち去った後、トレーラーハウスはフィルムの炎が延焼し爆発してしまいました。

動画配信

自宅へ戻った二人。
いい雰囲気です。
やった、このまま先に進めるかも・・・
盛り上がっている二人はTVの動画配信サイトに映し出された映像に気付きません。

【新着作品】
ラビット・ラビット

街中では悲鳴と銃声、爆発が起こり始めました・・・

ざっくり感想他

スピンオフ第3話です。
まったく本編と関係ない話ですが、面白かったですね。
映画を見て正気を失う話なのでデモンズオマージュかな?とも思えます。

ラビット・ラビットの監督役はアメリカンホラーストーリー1984で殺人鬼:ジングルズを演じていたジョン・キャロル・リンチさんです。
オープニング映像はこの話用に制作されているようなので、ちょっとおおっと思います。

各話一覧

タイトル 感想リンク
第1話 ラバーマン再び(前編) 感想リンク
第2話 ラバーマン再び(後編) 感想リンク
第3話 ドライブイン・シアター 感想リンク
第4話 悪い子へのプレゼント 感想リンク
第5話 バール 感想リンク
第6話 野生民族 感想リンク
第7話 ゲーム・オーバー 感想リンク
アメリカンホラーストーリー各話リンク

感想は随時アップします。

© 2020 FX Productions, LLC. All rights reserved.

アメリカン・ホラー・ストーリーズ|予告編|Disney+ (ディズニープラス)


関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:呪いの館(シーズン1)/登場人物紹介(目次、感想へのリンクあり)

全てはここから始まった。記念すべきアメホラシリーズ第一弾。

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:アサイラム(シーズン2)/あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場(シーズン4)/ネタバレとあらすじ、結末とキャスト。(各話感想へのリンクあり)

「アメリカン・ホラー・ストーリー」の第4弾(登場人物・各話感想目次)ちょっとエグいなーと思いながら鑑賞してますが、それなりにオモシロイ。

続きを見る

関連記事
アメリカンホラーストーリー1984/ネタバレ感想(キャラ紹介・各話感想へのリンク)

ライアン・マーフィーが80年代のスプラッターホラーを現代の技術で蘇らせたTVシリーズ。13日の金曜日をリスペクトしオマージュを捧げ、盛大にチャカした内容。

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:体験談(シーズン6)/あらすじとキャスト、ネタバレ感想など

良かったのはサラ・ポールソンとキャシー・ベイツですかね。特にキャシー・ベイツの怪演ぶりは相変わらず見ものです。

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリーズ 第1話、2話 ラバーマン再び。スピンオフ作品日本上陸。

スピンオフ第1話~2話です。本編キャラで登場したのは惨殺された看護師ぐらいだったような。館の法則を知っているので、先の展開が読めます。

続きを見る

アメリカンホラーストーリー関連記事

注意ポイント

紹介している作品は、2021年12月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

amazon

Yahoo

Demons (1985) ORIGINAL TRAILER [HD 1080p]


amazon

Yahoo

amazon

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

amazon配信コメント

関連記事
映画感想(あかさたな索引)

海外映画/ドラマ/アニメ

続きを見る

映画あかさたな索引

人気記事
【よく読まれている記事一覧】

よく読まれている記事

続きを見る

よく読まれている記事









動画関連バナー2

【関連記事/海外映画/ドラマ】

アメリカン・ホラー・ストーリーズ  第7話 ゲーム・オーバー ネタバレ感想など

懐かしのキャラが多数登場。妻と娘と愛人と一つ屋根の下でうまくやれると思ったのに。

アメリカン・ホラー・ストーリーズ  第6話 野生民族 ネタバレ感想など

ヒルズ・ハブ・アイズとミッドナイト・ミート・トレインを足してウォーキングデット風味を混ぜた感じ。

アメリカン・ホラー・ストーリーズ  第5話 バール ネタバレ感想など

アメホラにシリキ・ウトゥンドゥ参戦。ディズニーだから大丈夫。

アメリカン・ホラー・ストーリーズ  第4話 悪い子へのプレゼント ネタバレ感想など

サンタはプレゼントを持ってくるだけではなく、悪人を罰する残忍な狩人でもある。

アメリカン・ホラー・ストーリーズ 第3話 ドライブイン・シアター ネタバレ感想など

映画を見て正気を失う話なのでデモンズオマージュかな?とも思えます。オープニング映像はこの話用に制作されているようなので、ちょっとおおっと思います。

【関連記事/海外映画/ドラマ】

おすすめ記事

1

購入した100冊を全てFire HD 10 タブレット(SDカード)にダウンロード。何気にストレスも無くサクサクと読めます!!

2

テナガダコ、コプチャン(日本語ではホルモン)、エビを辛いソースで炒めたもの。 낙지(ナクチ=日本語でタコ)、곱창(コプチャン=日本語でホルモン)、새우(セウ=日本語でエビ)の頭文字をとってナッコプセと呼ばれています。

3

SONY サウンドバー HT-X8500(2.1ch Dolby Atmos Bluetooth 対応 ホームシアターシステム)を購入しました。

-海外映画/ドラマ
-,