海外映画/ドラマ

アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/第3話「後継者」あらすじ・解説・ネタバレ感想など

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

注意ポイント

ネタバレしてますので未鑑賞の方はご注意下さい。

ざっくりあらすじ

ゾーイは、魔女狩りで死んだはずのミスティ・デイに出会い、彼女の助けでカイルを完全に生き返らせることに成功。カイルを母親のもとへと返す。不老不死に異常なまでの執着を見せるフィオナは、宿敵で、200年以上生きるブードゥー教の司祭、マリー・ラボーのもとを訪ねる。しかし、天敵である魔女の手助けはするつもりはないとあしらわれてしまう。日に日に体が弱っていくのを感じるフィオナは焦り始める。 一方、フィオナの監禁から脱走したマダム・ラローリーは、21世紀の世界についていけず途方にくれていたが、フィオナはマダム・ラローリーに過去の罪の償いとしてアカデミーで召使いをするよう命じる。


フィオナの過去

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

フィオナさんの過去からスタートです。

以前はフィオナのママンがスプリーム(最強の魔女)でした。
次のスプリーム候補が現れると、現役スプリームは徐々に力が弱くなり、若いスプリーム候補はドンドン強くなって行くようです。
そんなこんなでフィオナは自分のママンを殺してしまい 新スプリームの座につきます。

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

フィオナさんの犯行現場を見ていたスポルディング。

カイル復活

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

ミスティ・デイの魔術で継接ぎだらけのカイルは復活しますが、フランケンシュタイン的な感じでした・・・(´・_・`)
そのフランケンをカイルの実家の玄関に置き去りにするゾーイ。

ゾーイ・・・意外に薄情だな・・・

私を殺しなさい

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

フィオナはマディソンの魔力が強くなっているのを感じます。
あなたは次のスプリーム候補よ。私が教育してあげる。
でも・・・反対に自分はどんどん弱くなっている感じがします。

スプリームになる為に私を殺しなさい!!

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

エェ!?・・・無理っす!!

殺しなさい!!
無理っす!!
殺しなさい!!
無理っ・・・す!!
殺しなさっ・・・あっ!!
フィオナさんとマディソンの押し問答が続きますが・・・

勢い余ってフィオナさんはマディソンを殺してしまいました・・・

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

まっマジすか!?また!?

またまたフィオナさんの犯行現場を見ていたスポルディングさん。
あぁーだから舌を抜かれて話せないんだ・・・納得。

究極の生命体復活

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

その頃、「マリー・ラボー」は復活した「マダム・ラローリー」を殺すため「究極の生命体」的なマスクを被せられた旦那を送り込みます。
※画像はイメージです。つーか全く違います!!

感想

カイルは母子家庭。
ママンのカイルへの溺愛ぶりが気になったのですが、やっぱりそうだったかと(´・_・`)
やっぱりこういう描写は苦手です。
フィオナさんの暴走ぶりが面白くなってきました。

各話リスト・感想リンク

      登場人物まとめ       
第1話引き継がれる魔力
第2話新たな世界
第3話後継者
第4話 死霊と蘇生
第5話 火刑
第6話 アックスマン
第7話 死のワナ
第8話 儀式
第9話
第10話 伝説の魔女
第11話 攻防戦
第12話 それぞれの地獄
第13話 新たなスプリーム ※最終話

「アメリカン・ホラー・ストーリー 魔女団」2014.8.6デジタル配信

amazon

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

注意ポイント

紹介している作品は、2021年6月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:呪いの館(シーズン1)/登場人物紹介(目次、感想へのリンクあり)

全てはここから始まった。記念すべきアメホラシリーズ第一弾。

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:アサイラム(シーズン2)/あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場(シーズン4)/ネタバレとあらすじ、結末とキャスト。(各話感想へのリンクあり)

「アメリカン・ホラー・ストーリー」の第4弾(登場人物・各話感想目次)ちょっとエグいなーと思いながら鑑賞してますが、それなりにオモシロイ。

続きを見る

関連記事
アメリカンホラーストーリー1984/ネタバレ感想(キャラ紹介・各話感想へのリンク)

ライアン・マーフィーが80年代のスプラッターホラーを現代の技術で蘇らせたTVシリーズ。13日の金曜日をリスペクトしオマージュを捧げ、盛大にチャカした内容。

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:体験談(シーズン6)/あらすじとキャスト、ネタバレ感想など

良かったのはサラ・ポールソンとキャシー・ベイツですかね。特にキャシー・ベイツの怪演ぶりは相変わらず見ものです。

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリーズ 第1話、2話 ラバーマン再び。スピンオフ作品日本上陸。

スピンオフ第1話~2話です。本編キャラで登場したのは惨殺された看護師ぐらいだったような。館の法則を知っているので、先の展開が読めます。

続きを見る

アメリカンホラーストーリー関連記事

関連記事
映画感想(あかさたな索引)

海外映画/ドラマ/アニメ

続きを見る

【関連記事/海外映画/ドラマ】

アメリカン・ホラー・ストーリーズ  第7話 ゲーム・オーバー ネタバレ感想など

懐かしのキャラが多数登場。妻と娘と愛人と一つ屋根の下でうまくやれると思ったのに。

アメリカン・ホラー・ストーリーズ  第6話 野生民族 ネタバレ感想など

ヒルズ・ハブ・アイズとミッドナイト・ミート・トレインを足してウォーキングデット風味を混ぜた感じ。

アメリカン・ホラー・ストーリーズ  第5話 バール ネタバレ感想など

アメホラにシリキ・ウトゥンドゥ参戦。ディズニーだから大丈夫。

アメリカン・ホラー・ストーリーズ  第4話 悪い子へのプレゼント ネタバレ感想など

サンタはプレゼントを持ってくるだけではなく、悪人を罰する残忍な狩人でもある。

アメリカン・ホラー・ストーリーズ 第3話 ドライブイン・シアター ネタバレ感想など

映画を見て正気を失う話なのでデモンズオマージュかな?とも思えます。オープニング映像はこの話用に制作されているようなので、ちょっとおおっと思います。

おすすめ記事

1

購入した100冊を全てFire HD 10 タブレット(SDカード)にダウンロード。何気にストレスも無くサクサクと読めます!!

2

テナガダコ、コプチャン(日本語ではホルモン)、エビを辛いソースで炒めたもの。 낙지(ナクチ=日本語でタコ)、곱창(コプチャン=日本語でホルモン)、새우(セウ=日本語でエビ)の頭文字をとってナッコプセと呼ばれています。

3

SONY サウンドバー HT-X8500(2.1ch Dolby Atmos Bluetooth 対応 ホームシアターシステム)を購入しました。

-海外映画/ドラマ
-,