海外映画/ドラマ

アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/第13話「新たなスプリーム」最終話あらすじ・解説・ネタバレ感想など

  1. HOME >
  2. 映画・ドラマ感想 >
  3. 海外映画/ドラマ >

アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/第13話「新たなスプリーム」最終話あらすじ・解説・ネタバレ感想など

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

この記事を書いていたのが2020年4月ごろです。1年程経ってますが全体を再調整してみました。

注意ポイント

安全にネタバレしてますので未鑑賞の方はご注意下さい。

ざっくりあらすじ

本来、新しいスプリームは前任のスプリームによって選ばれる。しかしフィオナはその責務を果たすことなく、いなくなってしまった。
そこで新しいスプリームが誰かを見極めるため、7つの奇跡の試験が行われることになる。
挑戦するのはゾーイ、マディソン、クイニー、ミスティの4人の生徒たち。しかし、その試験の内容は命を落としかねない危険なものだった。

7つの奇跡

さて、海外ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団」のレビューもついに最終話です。
【7つの奇跡】の試験からスタート。
挑戦者はゾーイ、マディソン、クイニー、ミスティの4人。

  1. テレキネシス(念力)→ 4人全員が合格
  2. コンシリアム(意思操作)→ 4人全員が合格
  3. ディセンサム(冥界を訪れること)→ ここでミスティが脱落
    カエル解剖をしている小学生のミスティ。
    カエル蘇生→解剖→カエル蘇生→解剖→カエル蘇生・・・永遠に繰り返します。
    なるほど、それで「黙示録」の時に・・・
  4. トランスミューテーション(瞬間移動)→ ゾーイ脱落
    ゲーム感覚で瞬間移動を楽しむ魔女たち。
    途中、ゾーイがアカデミーの門扉の鉄の柵に胴体を貫かれて死にました。
    事故なのか誰かの仕業なのか・・・
  5. ヴィタラム・ヴィタリス(他者に生命力を分け与えること)→ クイニー脱落
    前回の試験で死んだゾーイの蘇生にクイニーがチャレンジしますが失敗。
    マディソンはゾーイの蘇生をキャンセルし、その場に居たハエを蘇生させます。



(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

この段階で候補者はマディソンのみになりました。

コーデリア緊急参戦

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

翌日・・・サイコメトラー:コーデリア緊急参戦!!
やってやるぜぃ(゚∀゚)
上記①~⑤のテストを楽勝でクリアーするサイコメトラー。

最後の試験

ディビネーション(予知)、そして・・・

これもクリアーするサイコメトラーですが、マディソンは残念ながら失敗してしまいました。

失敗してしまったマディソンはハリウッドへ戻る荷造りを始めますが、そこへカイルが現れ、マディソンの首をしめます。

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

なぜゾーイを助けなかった?

マディソンはカイルの手で殺されます。


(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

そこにロリコン:スポルディング登場。
マディソンと一緒に冥界へ・・・。
あぁーそれで「黙示録」の時に・・・

シン・スプリーム爆誕!!

一方そのころサイコメトラーは、ゾーイを蘇生しておりました。
しかも自分の目も治ってます。
シン・スプリーム爆誕です!!
※発火の試験が無かったような気がしますが・・・まぁ皆さん余裕で出来るんでしょう。
私の記憶に無いだけかもしれません。

シン・スプリームとなったコーデリアさん。アカデミーの事をメディアで大々的に宣伝します。
魔女として産まれた人は特別な力を持っています。自分が魔女かもと思っている少女たちは、電話やEメール、直接来てもいい。家族(仲間)があなたを待っています
なんかX-MENみたいになってきたぞ(゚∀゚)
「ハゲか?マカヴォイの方か?」

何気に復活していたマートルさん

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

じぶん、仲間殺しちゃってるんで、落とし前つけます!!
コーデリア、ゾーイ、クイニー立ち会いのもと、魔女を殺した罪により、シン・スプリームの権限でマートル・スノーは火あぶりの刑に処されます。

フィオナ(プロフェッサーX)の死

アカデミーの周囲は黒ずくめのミュータントたちで溢れてました。
そんな中、コーデリアはある部屋に向かいます。

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

そこには髪の毛が抜け生気を失ったフィオナ(プロフェッサーX)が居ました。
フィオナさんは自分の死を偽装して爆誕したシン・スプリームを殺すつもりだったのですが・・・失敗しました。
コーデリアさんの腕の中でフィオナさんは眠るように死を迎えます。

パパ・レグバ

見慣れない部屋で目覚めたプロフェッサーX
そこへドMロリコン:アックスマン登場。
こんな田舎も、こんな下品な男もイヤ!!
永遠に俺と一緒だよ・・・

部屋の隅で、パパ・レグバが微笑してます(^-^)/

エピローグ

たくさんの若いX-MENたちが学園に押しかけます。
若いX-MEN「プロフェッサーって? 目の前にいる?

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

おいらだよ!!

感想など

いや~面白かったですね。
先に「魔女団」を鑑賞してから「黙示録」見ればよかったな~と。
クイニーは生き残ってますが・・・
アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団
オススメです!!

注意ポイント

紹介している作品は、2020年4月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場(シーズン4)/ネタバレとあらすじ、結末とキャスト。(各話感想へのリンクあり)

「アメリカン・ホラー・ストーリー」の第4弾(登場人物・各話感想目次)

続きを見る

アメリカンホラーストーリー1984/ネタバレ感想(キャラ紹介・各話感想へのリンク)

ライアン・マーフィーが80年代のスプラッターホラーを現代の技術で蘇らせたTVシリーズ。13日の金曜日をリスペクトしオマージュを捧げ、盛大にチャカした内容。

続きを見る

アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

この記事の目次あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)【ざっくりあらすじ】各話感想リスト・リンク あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり) さて「アメリ ...

続きを見る

【関連記事 海外映画/ドラマ】

遊星からの物体X 連続鑑賞/南極観測隊基地で宇宙生物が蘇生!異形の怪物と死闘を繰り広げるSFスリラー

「ファーストコンタクト」は派手な感じですが、「遊星からの物体X」はジワジワ来る怖さですね。1982年の映画ですので手作り感満載ですが、やっぱり「遊星からの物体X」(カーペンター版)がいいかなぁ。

アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場(シーズン4)/第13話「カーテンコール/Curtain Call」ネタバレ感想など

大変長らくお待たせしました。エルサ・マーズの登場です!!最後の大団円でホッコリします。

アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場(シーズン4)/第12話「喝采にかき消された悲鳴/Show Stoppers」ネタバレ感想など

第12話「喝采にかき消された悲鳴/Show Stoppers」ここでかなりの登場人物が退場します。

新感染ファイナル・エクスプレス/韓国版ゾンビ映画に刮目してチュセヨ!!

俺、トッケビだから無敵なんだよね~。ちょっ・・マジっ!?・・・ゾンビ・・・うそうそ・・・。テンポ良く話が進み、最初から最後まで退屈しないで一気に見れるゾンビ映画です。未見の方は是非!!オススメですよ!!

アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場(シーズン4)/第11話「奇術/Magical Thinking」ネタバレ感想など

第11話「奇術/Magical Thinking」日常的に人形と会話をするという変な新キャラ登場。

-海外映画/ドラマ
-

© 2021 Hiroshi ARCHIVES