海外映画/ドラマ

アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/第10話「伝説の魔女」あらすじ・解説・ネタバレ感想など

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

この記事を書いていたのが2020年4月ごろです。1年程経ってますので全体を再調整してみました。

注意ポイント

ネタバレしてますので未鑑賞の方はご注意下さい。

ざっくりあらすじ

フィオナは魔女を狙ったハンクの父親たちに反撃を開始する一方、マリー・ラボーから永遠の命を手に入れる方法を聞き出し、パパ・レグバと契約を結ぼうとする。
ミスティ・デイはフィオナらの計らいで憧れのスティービーと対面するが、そこにスプリームの座を狙うマディソンが接近し、疑念を抱かせようとする。
ナンは、ルークを殺した母親を罰するために命を奪うが、正義感の強さが災いし、フィオナとラボーに目をつけられる。

パパ・レグバ

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

過去パパ・レグバと契約したことで永遠の命を手に入れていたマリー・ラヴォー。
フィオナさんはその事を聴き出します。ブードゥー教の中でもパパ・レグバは最も重要な神格だそうです。
ん~地獄の門番みたいな感じですかね(゚д゚)
内容をよく聴かずにパパ・レグバと契約したマリー・ラヴォーはそれから毎年黒人の赤ん坊をパパ・レグバに捧げていました。
(ちなみに最初の生贄は自分の赤ん坊です)

ハンクの父親

ハンクの父親は大企業の偉い人でした。
実は裏で潤沢な資金を使用し現代でも魔女狩りを行っていたのです。

魔女たち「とりあえず魔術で会社潰そうぜぃ!!

一気に会社がピンチになり、焦るハンクパパ・・・
父親「ちょちょちょちょっ・・・いや、まぁ、とりあえず・・・魔女たちと交渉しよう

こいつら全然ダメじゃん。
つーか、魔女って株価操作とか会社の業績悪化とか・・・何でもできるのね。

マディソンVSミスティ

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

次のスプリームの座を掛けてマディソンVSミスティとなります。
不意打ちでミスティを棺桶の中に突っ込み埋葬してしまうマディソン。

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

視力が戻ったロイエンタールでしたが、サイコメトラーの力も無くなり 自分の魔術が劣っていると苦悩します。

ナンを溺死

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

フィオナさんはパパ・レグバを呼び出すことに成功し契約を結ぼうとしますが、パパ・レグバに拒否されます。
残念だが・・・おまえには心がないから契約しないよぉ。

(C) 2011-2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. (C)2010Twentieth Century Fox Film Corporation.

フィオナさんとマリー・ラヴォーは共謀してナンを溺死させ、パパ・レグバに生贄として捧げます。
哀れなナン。

あぁ~それで黙示録の時一緒に・・・。

感想

ハンクのパパ弱いよ~期待してたのに(`o´)
もっとこう、現代の魔女狩り集団みたいな感じで、全勢力で攻めてくるかと思ってたのに!!

ちなみに、黙示録で再登場しますが、パパ・レグバとナンは和気あいあいと楽しそうやっております。
((´∀`))ケラケラ

各話リスト・感想リンク

      登場人物まとめ       
第1話引き継がれる魔力
第2話新たな世界
第3話後継者
第4話 死霊と蘇生
第5話 火刑
第6話 アックスマン
第7話 死のワナ
第8話 儀式
第9話
第10話 伝説の魔女
第11話 攻防戦
第12話 それぞれの地獄
第13話 新たなスプリーム ※最終話

「アメリカン・ホラー・ストーリー 魔女団」2014.8.6デジタル配信

amazon

現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

注意ポイント

紹介している作品は、2021年5月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、最新の配信状況は各配信サイトにてご確認ください。

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:呪いの館(シーズン1)/登場人物紹介(目次、感想へのリンクあり)

全てはここから始まった。記念すべきアメホラシリーズ第一弾。

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:アサイラム(シーズン2)/あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場(シーズン4)/ネタバレとあらすじ、結末とキャスト。(各話感想へのリンクあり)

「アメリカン・ホラー・ストーリー」の第4弾(登場人物・各話感想目次)ちょっとエグいなーと思いながら鑑賞してますが、それなりにオモシロイ。

続きを見る

関連記事
アメリカンホラーストーリー1984/ネタバレ感想(キャラ紹介・各話感想へのリンク)

ライアン・マーフィーが80年代のスプラッターホラーを現代の技術で蘇らせたTVシリーズ。13日の金曜日をリスペクトしオマージュを捧げ、盛大にチャカした内容。

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:体験談(シーズン6)/あらすじとキャスト、ネタバレ感想など

良かったのはサラ・ポールソンとキャシー・ベイツですかね。特にキャシー・ベイツの怪演ぶりは相変わらず見ものです。

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

アメリカン・ホラー・ストーリー:魔女団(シーズン3)/あらすじ・解説・ネタバレ感想など(目次:各話感想へのリンクあり)

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリーズ 第1話、2話 ラバーマン再び。スピンオフ作品日本上陸。

スピンオフ第1話~2話です。本編キャラで登場したのは惨殺された看護師ぐらいだったような。館の法則を知っているので、先の展開が読めます。

続きを見る

関連記事
アメリカン・ホラー・ストーリー:2つの物語(シーズン10)赤い海 ネタバレあらすじ結末と感想。

忘れたころにシレっと動画配信がスタートしていたアメリカン・ホラー・ストーリー:2つの物語(シーズン10)。第1話から第6話はpart1(Red Tide) 赤い海です。短いのでさくっと観れるホラーって感じで良かったですね。

続きを見る

アメリカンホラーストーリー関連記事

関連記事
【記事索引】

映画・ドラマ・アニメ作品の感想を50音索引で探せます。

続きを見る

【関連記事/海外映画/ドラマ】

呪詛 ネタバレあらすじ結末と感想 怖すぎて逆にオススメできません。

とにかくトラウマ級のホラー。あなたは祈りを信じますか?あなたも・・・もしかしたら呪いに掛かってしまったかもしれません。

アメリカン・ホラー・ストーリー:2つの物語(シーズン10)赤い海 ネタバレあらすじ結末と感想。

忘れたころにシレっと動画配信がスタートしていたアメリカン・ホラー・ストーリー:2つの物語(シーズン10)。第1話から第6話はpart1(Red Tide) 赤い海です。短いのでさくっと観れるホラーって感じで良かったですね。

死霊館 悪魔のせいなら無罪 ネタバレあらすじ結末と感想 無罪って言ってたのにーと思った話。

大ヒットホラー「死霊館」ユニバースの第7作にして、実在の心霊研究家エド&ロレイン・ウォーレン夫妻が調査した事件を映画化したメインストーリー「死霊館」シリーズの第3作。

オビ=ワン・ケノービ ネタバレあらすじ結末と感想 最終第6話 やさぐれオビワンが旅に出た結果、最高の結末に辿り着く。

ライトセイバーの基本の型を無視してでもコイツ殺す的な泥臭いオビワンが最高でした。

オビ=ワン・ケノービ ネタバレあらすじ結末と感想 第5話 ベイダーは私の事しか眼中にない。これぞケノービ将軍。

第5話ではライトセイバーの剣技と共に、得意の「交渉術」まで復活します。これぞケノービ将軍!!

【新着記事一覧】

-海外映画/ドラマ
-,